No think!

No think! は丸の内の箱屋、箱根ヶ崎が「人生を最高に旅せよ!」を合言葉に”旅や移動する事”を楽しむブログです。

夏のキレイめメンズコーデの主役はメッシュ地のジャケットが最高!!

f:id:p-n-3-p-n-3:20170629171037j:plain

男のコーディネートで悩んだらジャケットを着ればなんとかなると思っている箱根ヶ崎です。
実際にジャケットってややカジュアル寄りな仕事のシーンでも、綺麗めな私服でも、どちらもで着回しが可能な万能アイテムである。
自分に合う色とサイズ感さえ見れば、あとは大体なんとかなる。
 
ただ、ジャケットと言う特性上どうしても"1枚羽織る"事になるので夏場は苦手とする所だった。
そんな”夏場にジャケット着ると暑い問題”を解決するジャケットを見つける事が出来た。
 

f:id:p-n-3-p-n-3:20170629171121j:plain

目に着いたのはZARAの”メッシュジャケット”で、色の展開は夏向けのネイビーと、合わせやすいブラックの2色。
今回は特に夏を意識したのでネイビーを購入。
正確には”ネイビーブルー”になるけど、印象としてはやや暗めのネイビーと言った感じだ。
 

f:id:p-n-3-p-n-3:20170629174907j:plain

素材はポリウレタンとナイロンの化繊だけど、メッシュ地も相まって触るとかなりひんやりと感じる。
今まで買っていたジャケットと違って、裏地なども無いのですっきりと着られる。
 

f:id:p-n-3-p-n-3:20170629174934j:plain

また、素材に伸縮性があるのも嬉しい。
だらしなくない程度に伸びてくれるので、特に暑い時には腕まくりも簡単だ。
 
全体としてZARAらしいシャープな作りになっているので、ジャケット+腕まくりをすれば、綺麗めなラインは残しつつ適度にヌケ感を出せる。
あとは白のパンツを合わせたりすれば、夏らしい涼しそうなコーディネートが完成だ。
 
ZARAのジャケットは、たまにかなり尖ったデザインの物が出てくるが、無地でタイトめなシルエットであれば、ある程度の間は着られる。
夏には毎年ネイビーが流行るのでZARAに限らず、この色味のジャケットは1着持っておいて損は無い。 
 

お手入れ関係

ジャケットと言えど、可能な範囲でお手入れはしておきたい。
何度か着る度にクリーニングに出すのも煩わしいので、自宅で対応できればベストだ。

f:id:p-n-3-p-n-3:20170629175024j:plain

 
案の定大半は”バツ印”が着いているが、手洗いは可能だ。
液温30℃以下なので、いわゆる普通の水道水ならOKだろう。
 
ジャケットは特に首回りと袖口が汚れやすいので部分洗い用の洗剤を最初に着ける。
次に、大きめの容器に水と”おしゃれ着用洗剤”を入れて、洗濯ネットに入れた上で”優しく押し洗い”すればOKだ。
その後はすすいでしっかりと洗剤を落とした後、形を整えてハンガーに掛け、陰干しするのが一連の流れになる。
 
夏場に着るからには、日焼け・汗染みはついて回るので、出来るだけこまめにお手入れをして、長く着られる様にしたい。
 
 
それでは、また。
---

他にもメンズファッションの記事、あります 

p-n-3.hatenablog.com 

p-n-3.hatenablog.com