No think!

No think! は丸の内の箱屋、箱根ヶ崎が「人生を最高に旅せよ!」を合言葉に”旅や移動する事”を楽しむブログです。

過去記事は宝の山! ツイッターで紹介する際に気を付けたい2つのポイント

f:id:p-n-3-p-n-3:20170419134337j:plain

ブログを書いて行くにあって、閲覧者数やホットエントリー入りなど露出が増えるのは非常に嬉しいし、モチベーションアップに繋がる。

モチベーションが上がっている状態で書いた記事は書き手も楽しいし、きっと読んでいても楽しい記事になると思う。

 

一方で、書き終わった記事に対するケアは意外とほったらかしにしている事が多い。

記事の性質にも寄るけど、せっかく手塩に掛けて書いた記事を放置するのは非常に勿体ない。

 

書き手からすると「書いてからすげー時間経ってるし、今さら……」と言う気持ちがあるけど、流動性が高いインターネットの世界では、記事によっては時間の経過はあまり関係ないのもある。

一生懸命書いた記事が埋もれてしまうのは勿体無いので、是非活用したい。

 --目次--

 

過去記事にも光を当てたい!

新着記事に対してスポットライトを当てる方法は沢山用意されている。

はてなのツイッターアカウントで紹介されたり、”熱い”記事であればホットエントリーに紹介されたり。

そこまで行かなくても、自分のブログで新着記事ほど上に表示されると思う。

 

反対に、過去記事へのアクセスは意外なほど困難な事が多い。

たまに「あの人のあの記事が読みたい!」と思ってもタイトルが解からないと、更新月から辿って行ったりするので結構大変だ。

(探す手間のストレスで寿命がマッハである)

 

過去記事へのアクセスのし易さや、見やすい配置が自サイト内の回遊率のアップだったり、意外なきっかけで過去記事にスポットライトが当たる事に繋がると思う。

”No think!”では過去記事へのアクセスとして、トップのヘッダー部分よりカテゴリ別・記事内での紹介・文末での関連記事・更に下に過去記事をランダム表示と4種類の施策をしている。

f:id:p-n-3-p-n-3:20170419114402j:plain

(トップのカテゴリー別表示は箱根ヶ崎のお気に入りだが、実際は記事中の方が過去記事へのアクセスは多い……)

 

個人的には文末の関連記事紹介は施策として良かったと思っている。

記事毎に関連するカテゴリーから2記事を選び、紹介している。

タイトル共々手入力で。

手間と言えば手間だが、自分で選ぶのでちゃんと関連記事を選べたり、おすすめの記事が入力できるのが強みだ。

f:id:p-n-3-p-n-3:20170419125720j:plain

(タイトルも記事毎に微妙に変えてたり、意外と手間がかかってるんです)

 

広告

過去記事紹介を紹介するタイミング

先に初回した施策は自サイトに訪れた人向けの対策になるけど、その他にも過去記事の紹介を行いたい。

その為にツイッターを積極的に使いたい。

 

ツイッターの特徴として、ブログよりももっと気軽にスキマ時間に見られる事がある。

明確な正解は無いと思われるが、平日の真昼間にスマホを見る人よりも朝・夕方の通勤・通学・帰宅時間に見る人が多いと思われる。

"No think!"は主な読者層が「30~40代の男女」なのでおのずと社会人層がメインターゲットになる。

 

自分のサイトにどんな読者が訪れているか? は色々な解析ツールがあるのでそちらを参照したい。

本来は「どんな層に向けて記事を書くのか?」って言う事はブログの立ち上げ前に決めておくべき事だと思うが、ぶっちゃけズブの素人が初めて書くブログでそこまで想定するのは無理・無駄・無謀だと思う。

あんまり記事を限定しすぎると”筆が止まる”状態になるのでブログ書くのが楽しくなくなります。箱根ヶ崎はそういうタイプなんです。

(まずは兎にも角にも続ける事が大事だと思います!)

◆【関連記事】

ブログ界の明後日の星を狙え! Juicer導入でブログの問題点の見える化を - No think!

 

解析ツールを使って自サイトの読者層と、主に見られている時間が解かれば後はその時間帯にツイッターで過去記事を紹介すれば誰かしらかの目に止まるはずだ。

f:id:p-n-3-p-n-3:20170419131456j:plain

(これを見ると静止中は別にして平日の18時以降が多い事が解かる ※画像はJuicerより)

 

ツイッターのトレンドワードに絡める

ツイッターで過去記事紹介をする時に個人的に気を付けている事は時間帯の他にもう一つ。

”トレンドワード”を気にしている。

スマホのアプリなどでツイッターのトレンドを表示できるので、そのトレンドに合わせた過去記事を選ぶのだ。

AndroidでもiOSでも”ツイッター トレンドワード”などでアプリを検索すると何種類か出てくるのでOSや個人の使い勝手に合った物を使っていきたい。

f:id:p-n-3-p-n-3:20170419190844j:plain

(ツイッターとセットで、トレンドワードを調べるアプリも使いたい)

 

ツイッターのトレンドから少し脱線するけど、無印良品の良品週間が始まれば関連した記事を出してみたり。

◆【関連記事】 

無印良品週間到来!雑貨だけじゃない 無印良品はカフェも凄い! -有楽町 MUJI Cafe&Meal- - No think!


山の日になれば登山関連の記事を出してみたりしている。

◆【関連記事】

ポテトサラダからイタリアンまで! 「ほぼ」調理不要で美味い登山メシ - No think!

 

ツイッターでの過去記事の拡散は、フォロワー数やツイートするタイミングに左右されるので”運”による所も大きいと思うけど、下手な鉄砲的な考えで定期的にツイートしておきたい。

たとえ、今日は誰も見てくれなくても明日のツイートは誰か見てくれるかもしれない。

 

それでは、また。

---

他にもブログのカスタマイズ記事、あります 

p-n-3.hatenablog.com

p-n-3.hatenablog.com