No think!

No think! は丸の内の箱屋、箱根ヶ崎が「人生を最高に旅せよ!」を合言葉に”旅や移動する事”を楽しむブログです。

過去記事を表示させるモジュールをブログに入れたら、初めて書いた記事が出て来て「あああああ」ってなった

f:id:p-n-3-p-n-3:20170328202738j:plain

当ブログの記事数が通算200を越えた事をきっかけに、ブログアドバイザーのポジ熊さん(id:pojihiguma)にアドバイスをお願いした。

アドバイスを貰う中で、自分1人では気付き難い事に対してコメントを貰えたので非常に大きな収穫になった。

 

しっかりとしたアドバイスを貰ったからには可能な限り、実行していきたい。

実行して行きたいのだが……。

 

愛ゆえの苦しみ

ブログをある程度やっていると、自サイトへの愛着が出てくる。
メインコンテンツである記事もさる事ながら、パッと目を引くサイトのデザインや管理人の化身であるアイコンも愛おしい。
 
ただ、愛おしいが故にどうしても自分のサイトは贔屓目に見てしまう。
試行錯誤の上で今の形に辿り付いたと思う。
人は現状維持を好むので、出来れば今の形を変えたく無いのが人情だろう。

f:id:p-n-3-p-n-3:20170328192220j:plain

(聖帝サウザー様のお言葉が身に染みる)
 
しかし、個人運営のブログと言ってもWebメディアの端くれ。
変化の速い業界である事には変わりないので、どの様な変化にも対応できる気構えは忘れない様にしたい。
 
そこで話は、記事の冒頭に書いたポジ熊さんへブログのアドバイスを求める事に繋がる。
自分のブログには馴染の薄い、と言うかほとんど関係ないブロガーの人にアドバイスを貰う事で改善点の洗い出しと、その方向性を指導ご鞭撻して頂くのが目的だ。
 

ブログのアドバイスを貰う為に

ポジ熊さんがブログアドバイザーとして、ブログ運営の記事を書かれている事は知っていたし、その記事に書かれている施策の内、いくつかは実行している。
ただ、面識は全くないので行き成りツイッターのダイレクトメール (以下、DM) でブログのアドバイスを求めるのはやや勇気がいる。
 
あくまで勝手な思い込みだけど、はてなブログで読者数1600人超と、四桁後半に差し掛かっているブロガーの方だ。
いきなりDMして大丈夫だろうか、心配である。
こちらは猫、あちらはポジ”熊”さんと言うの名前の通り、陸上の王者・ホッキョクグマも属するクマ科のヒグマ。
アイコンが猫の箱根ヶ崎など吹けば飛ぶような存在、と言うかデコピンで一発であろう。

f:id:p-n-3-p-n-3:20170328192514j:plain

(何事も”角が立たない”に越したことは無い)
 
冗談はさておき、アドバイスを求めるにしていきなり「ブログをとにかく良くしたい!」と言われても、困ってしまう。
現状どんな施策をしているのか? 将来的にどうしたいのか?
出来る限り自サイトの状態を把握した上で、どの様な状態に持って行きたいのか伝えた方が良いと思う。
ぼんやりした伝え方では、アドバイスする方もぼんやりとしたアドバイス出来ないだろう。
(それこそ、デコピンで一蹴もありえる)
 
PV数、サイトの運営状態、実行している施策などある程度資料を揃えた上で、自分の目標を伝えると良いと思う。
現在位置と目標を伝えて、そこに至る道筋をナビしてもらうイメージだ。
アドバイスを受ける際に必要な事がポジ熊さんのサイト内でまとめられているので、実際にお願いする前には目を通しておきたい。
◆【参照ページ】
 

アドバイスを元にサイトデザインを変更してみる

DMのやり取りの中でいくつか指摘を貰い、順次サイトの方に実装していく。

特に印象的だったのがサイトのユーザビリティ、いわゆる使い勝手と言うヤツだ。

 

先ほどの「愛ゆえに~~」の通り、ブログの立ち上げ当初から色々と手を入れて今の形になった。

もちろん自分のブログなので慣れていって当たり前だけど、その為に客観的な視点が欠ける時がある。

 

初めて訪れたブログで「読者登録したいけどボタンが……」とか「他の記事が見たいのに、表示が無い……」とか、たまにある。

意図的に隠している場合は別に良いけど、そうじゃ無ければ機会損失になるので非常に勿体ない。

自分はどうやっても自分の目線になるので、他の人から突っ込んだブログのアドバイスを貰えるのは非常にありがたい。

 

今回はシェアボタンの位置や過去記事に表示など、を中心に改善を行った。

その他、ライティングなどでもいくつかアドバイスがあったが、急に直すのも難しいので一旦横へ置いておく。

 

広告

過去記事のあああああ

ここまではあくまで前置きで本題は、アドバイスに基づいて過去記事を表示させる様にモジュールを設置した後である。

 

「あー、無事に設置も終わったし動作確認も終わったぞ。これで過去記事見るのが楽になるぞー」

と思っていた。

モジュールの設定としては、記事をアイキャッチ画像と共に表示してくれる訳だが最近の記事に限らず、昔の記事を引っ張って来る事もある。

過去記事を掘り起こすのが目的だから当然だけど、動作確認中に読んだ記事があんまりにあんまりだった。

 

ブログを書き始めた時の記事で、なんかもうちょっと開いて読んだだけで「あああああ」ってなる。

タイトルとかめちゃくちゃだし、誤字脱字多いし、すっげー恥ずかしい。

もう”秒”で下書きに戻した。

成人式あたりで小学校の頃の作文を音読したらこんな感じって気持ちになる。

f:id:p-n-3-p-n-3:20170328195716j:plain

(あの記事を公開してとは……)

 

読まれる頻度があまりに低いと”gooogleからサイト自体の評価が下がる”と言う話はブログを書いていれば、ある程度耳に入ってくる話ではある。

別に気にする程じゃないって人も居るし、SEO的に不利だから定期的に見直しているって人も居る。

「まだまだウチはそんなに大きいサイトじゃないから大丈夫ッスよー」って余裕をカましてたら危なかった。

 

過去記事はブログの大切な資産なので定期的に手を入れて、メンテナンスしていきたい。

単純にモジュールを導入して「はい、終わり!」じゃなくて、表示される記事は適切か? 不要な記事は無いか?しっかり見ておきたい。

 

「googleは~~」とか「SEO的に~~」とかはどうでもいいけど、あんまりにあんまりな記事が公開されるのは単純に一個人として恥ずかしいと思う。

ましてや自分で書いたブログの記事であればなおさらである。

それにしてもビックリした……。

(最初はあれでも精一杯だったのである!)

 

それでは、また。

---

ポジ熊はブログ運営無料相談をおこなっております

www.pojihiguma.com

---

他にもブログの記事、あります

p-n-3.hatenablog.com

p-n-3.hatenablog.com