読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

No think!

No think! は丸の内の箱屋、箱根ヶ崎が「人生を最高に旅せよ!」を合言葉に”旅や移動する事”を楽しむブログです。

珈琲と向き合う最高の時間 合羽橋珈琲

合羽橋のカフェ、と言うか喫茶店がすごく良かった話。

自分の中でカフェに求めるものが全て満たされていたのでつい長居してしまった。 

 

 

合羽橋道具街

何度かブログでも取り上げているプロ用調理器具の専門店街。

調理器具は包丁や業務用冷蔵庫など解かり易い物から、ちょっと素人には使い方がわからない物までずらっと並んでいる。

あと、食品サンプルとか洋食器専門店、和食器専門店もある。

特に和食器専門店は1点モノからアウトレット品まで種類も豊富で、普通に生活してたら見かけない物もあるのでいくら時間があっても足りない。

 

意外とアツいのが業務用食品の店でふりかけが大量に入った袋があったり、縁日で売っている「ふりふりポテト」のふりふりする粉が売っている。

種類がハンパ無いので毎回どの味にするか非常に悩む。

(買わないけど……)

業務用なので全フレーバーを1人で使い切ったら糖尿病とか成人病とかそんな感じの病気になると思う。 

ユウキ MC ポテトシーズニング バーベキュー 260g

ユウキ MC ポテトシーズニング バーベキュー 260g

 

  

合羽橋珈琲

問屋街の合羽橋道具街周辺には目につく飲食店が少なく、特にメインストリートとなる道沿いにはほぼ無い。

比較的道沿いでそれっぽい雰囲気のお店は「ブリッジ」くらい。

About - Bridge

 

ただ、このお店は比較的解かり易い&スタイリッシュな外装なので満席になっているのを見かける。

もう少し静かな場所は無いかと思った時に道具街の外れ、言問通り側にある「合羽橋珈琲」がすごく良かった。

 

f:id:p-n-3-p-n-3:20160801144623j:plain

 

お店自体の入り口は奥まっていて、通りには「KAPPABASHI COFFEE」とシンプルな看板が出ている。

通りから店内へアクセスするエントランスもシックに統一されてカッコいい。

 

タバコは吸わないのであんまり関係無いと言えば関係無いが、喫煙席があるとカフェって言うより喫茶店って感じがする。

分煙はしっかりされていて、ドトールとかベローチェみたいに中途半端な分け方じゃなくて店の半分は禁煙、残り半分が喫煙となっている。

 

f:id:p-n-3-p-n-3:20160801144616j:plain

 

日付や時間帯が良かったのかもしれないが、店内は非常に静かでわずかに人の話し声がする程度。

禁煙席側の方が通りから奥まっている事もあるが、車の音もほとんど聞こえなかった。

 

また、写真右手方向には大きな窓があって解放感がある。

同時に植え込みもあって、「窓から見える景色が隣のビルだけ」と言う事が無いような配慮を感じた。

街の真ん中だから絶景って言う訳にはいかないけど、適度な間隔で植えられた緑が目に優しい。

ふとした瞬間に目に緑が入ってくるのも嬉しい。

 

モダン和テイストな店内は落ち着いていて、席もほとんどが二人掛けである。

グループで来ると、どうしても話し声が大きくなってしまうけど2人の席が多ければその心配も少ない様な気がする。

 

StarbucksCoffeeやDEAN&DELUCAも嫌いじゃないけど、場所柄どうしても人が多くなってしまう。

静かに、ゆっくりと時間を過ごせる合羽橋珈琲は「静謐」という言葉がしっくりくる。

 

  1. せいーひつ【静謐】
  1. 静かで落ち着いていること。また、そのさま。「深夜、書斎に過ごす―なひととき」
  1. 世の中が穏やかに治まっていること。また、そのさま。「―な世情」
  2. せいひつ【静謐】の意味 - goo国語辞書

  

 

オリジナルブレンドコーヒー

ソフトブレンド・・・・・・3種類あるブレンドコーヒーの中でもっとも浅く焙煎したコーヒー。浅く焙煎と言っても、しっかりとコクがある。酸味は控えめなので、店内の雰囲気を感じながらゆっくりと味わいたい。

 

同じお店でも人によって求める物が違うと思う。

 カフェであれば、美味しい珈琲だったり食事だったり単純に休憩したいだけだったり。

そんな中で今回改めて思ったのは、自分がカフェに何を求めていか、だ。

 

自分の家からわざわざ外に出て珈琲を飲むのは、日常と言う空間からカフェと言う非日常空間に自分を置きたい気持ちの延長だと思う。

余計な物が無いカフェ空間でゆっくりと珈琲と向き合うのはとても心地よい時間だった。

非日常と現代美術 - No think!

 

 itonowaに行った時にも感じた事だけど、食べたい物を食べて満足する時よりも合羽橋珈琲の様に静謐な時間を過ごせた方が自分の中の満足度って高かったりする。

1500円の奇跡 浅草のカフェ itonowa のココが凄い! - No think!

 

今年行ったカフェの中ではインテリアや店内の雰囲気共に凄く良かった。

 

浅草界隈は下町のイメージがあるけど、行ってみると自分に合うカフェやちょっと変わったお店が結構ある。

(チェーン店になるけど、浅草橋にある大戸屋は店舗限定で築地から仕入れたレアな魚定食を出してくるので個人的にアツい!)

また好きな場所が増えたので、これから合羽橋を訪れてみたい。

 

それでは、また。 

孤独のグルメ DVD-BOX

孤独のグルメ DVD-BOX

 

 

他にも合羽橋の記事、あります 

p-n-3.hatenablog.com 

p-n-3.hatenablog.com

広告