読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

No think!

No think! ‐考えない‐ は銀座の箱屋、箱根ヶ崎がお届けする1記事5分くらいで気軽に読めるシンプルライフブログです

初めての電子書籍のパートナーはどうする? Kindleがバージョンアップしても4,980円で購入可能なので悩む。

シンプル&ミニマル シンプル&ミニマル-読書

f:id:p-n-3-p-n-3:20160625113058j:plain

少し前からKindle、と言うか電子書籍に興味があって実際にいくつか見ていたけど概ねKindleを導入する方向で決まっていた。

が、ここへきてAmazonがKindle(無印)のバージョンアップを発表。

 

初めての電子書籍端末はPaperwhiteでほぼ内定してたが、一度白紙に戻して考え直す必要が出てきたと思う。

電子書籍端末はほぼど素人だけど、それぞれを比較してみたい。

Kindle(Newモデル)、30グラム軽く1.1ミリ薄くなって、お値段据え置き(8980円) - ITmedia Mobile

 

 

Kindleって?

Amazon Kindle(アマゾン・キンドル[1])は、Amazon.comが製造・販売する電子ブックリーダー端末、同ソフトウェアおよび電子書籍関連サービスである。専用端末やパソコンスマートフォンタブレットなどで電子書籍を読める。2007年11月19日アメリカ合衆国で第1世代が発売された。

Amazon Kindle - Wikipedia 

Kindle Paperwhite Wi-Fi、ブラック

Kindle Paperwhite Wi-Fi、ブラック

 

 

説明不要の電子書籍端末。

発売元がAmazonなので豊富なサービスと書籍の量が魅力。

第一世代の発売から10年近く経つので技術的にも熟成してきていると思う。

こういうデバイスでは、発売からある程度時間が経っていて技術の熟成は重要なポイントだと思う。

 

タブレット用のアプリもあるけど、今回はあくまで端末に絞って考えたい。

 

Kindleファミリー

Amazonのサイトで主に紹介されている機種は4台。

それぞれに異なる味付けがされており、目的・使う人によって選ぶ事ができる。

以下、ざっと思った感想。

 

Kindle

最初に発売されたエントリーモデル。その分、価格も抑えられており気軽に導入できるのはメリットか。

個人的には上位機種に該当するであろうPaperwhiteと比べるとちょっと見劣りする感じがあったが今回のバージョンアップの発表で一気にダークホースに。

 

Kindle Paperwhite

Kindleの上位機種。文字通り、紙の様な目に優しい表示が特徴。

解像度の向上や内臓LEDの搭載などKindleのかゆい所に手が届く改良がうれしい。

今回の電子書籍端末コンペで一度は内定するも、下位機種にあたるKindleのバージョンアップの発表により内定取り消しとなる不遇の機種。

 

Kindle Voyage

去年まではKindleファミリーの最上位機種。

内臓LEDの数や明るさ自動調整機能、ページめくりボタンなど更に機能が充実している。

使っている人曰く、ページめくりボタンが地味に便利らしい。

その分、(旧)最上位機種らしくお値段もKindleの約2.5倍である。

 

Kindle Oasis

今年の4月に発表されたKindle現行の最上位機種。

ラグジュアリーなデザインに加え、Voyageから更に内蔵LEDの数が増えている。

カタログスペック上だが、バッテリー内蔵カバーを併用する事で使用期間は驚異の数カ月と冗談みたいな表記になっている。

お値段もKindleの4倍と、とってもエグゼクティブな仕様である。

 

f:id:p-n-3-p-n-3:20160625112132j:plain

 

結局どれがベストなのか?

とどのつまりは使用目的や人によるので、目的やシーンに合わせて選ぶのがベストだと思う。

純粋に読書を楽しむ端末としてKindleが欲しいので当初はPaperwhite一択だったけど、無印のバージョンアップにより俄然、選択肢に食い込んできた。

 

無印の旧型→新型への大きな変更点は4点。

■薄型&軽量化

■新色(白)の追加

■RAMが従来の2倍、512MBに。※保存容量に非ず。

■Bluetoothに対応

 

個人的には軽量化、色の追加はそれほど大きなポイントにはならなかったけど、RAMが従来より2倍になった事には注目したい。

今後、ソフト的に新たなバージョンアップやにも対応していけるのかもしれない。

 

それでいて定価8,980円からPrime会員なら4000円引きの4,980円になる。

正直、新型で尚且つ5,000円を切って来るとPaperwhiteとの価格差がハッキリしてくる。

Prime会員のメリットはすでにヒトデさんが語りつくしているのでそちらを参照したい。

www.hitode-festival.com

 

低価格に加え、新たにバージョンアップするKindle か? Kindleファミリーの中では中程度の価格帯ながら、ある程度上位機種にも着いている機能を有するPaperwhiteか?

何気に、発売日が7月20日と本当に個人的な事ながら誕生日と被っているので無印Kindle@バージョンアップ版も捨てがたい。

 

それでは、また。