読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

No think!

No think! ‐考えない‐ は銀座の箱屋、箱根ヶ崎がお届けする1記事5分くらいで気軽に読めるシンプルライフブログです

ランニング始めて1カ月の皇居ランで気をつけたい3つのポイント

登山&ランニング 登山&ランニング-紹介

f:id:p-n-3-p-n-3:20160606194100j:plain

 
少し前にお誘いを受けて、初めての皇居ランに行ってきました。
何度か会っている人も居るので初めての皇居ランと言いつつ、友達数人とワイワイしながら走って来た感じです。
時期的にちょうど東京が梅雨入りした日だったので、若干湿度が高めでしたが日差しも強く無く、走りやすい日でした。
 

 

登山の延長でランニングしてみたいなぁと言う、漠然とした思いはあったけどそれが形になったのが前回のおかまバーオフ会
ランニングしている人の話を聞いていると、とっても楽しそうなので翌週にはシューズを買って更に次の週から近場で走り始めた。
 
ちょっと話が脱線するけど、「好きな事の魅力を楽しそうに話せる」人は凄いと思う。
友達で「仮面ライダーが好き過ぎて、ライダー役になりたいが為に単身北海道から上京してきてオーディションを受けている」人がいる。
 
彼は仮面ライダーの話を魅力的かつ饒舌に、時にツッコミどころがありながら男女共に聞いていて嫌味がない様に聞かせてくれる。
歴代仮面ライダーの変身ポーズを取りつつ知識量をひけらかすとかじゃなくて、好きな事の魅力を語れる彼は凄いと思う。
 
Twitterで走行距離の報告を交えつつ、アドバイスを貰いながらランニングを続けていると皇居ランのお誘いがあったので軽い気持ちで参加を打診。
ランニング経験5回、開始から実に1カ月のスピードデビューとなった。

 
なんとなく皇居ランは、自分自身のレベル上げをしてから望む「最初の難関」の様なイメージがあった。
だから個人的にはもう少しレベルアップしてからでも良いかなと思いつつ、お誘いがあったって事はそのタイミングなんだろうと思っている。
 
皇居ランは文字通り皇居を巨大なトラックに見立てて周囲の遊歩道をぐるりと走るコース設定だ。
(決して「ランニング専用コース」などでは無い)
赤信号が無かったり、1周が約5kmで計測するのにも便利だったり、景色が良かったり、なにかと走るには都合が良い。
 
初夏の皇居は木々の緑が眩しく、時折吹く風が本当に気持ちいい。
東京に住んで10年近くになるけど皇居の周辺に来る用事もなかったし、さらにその周囲を歩く機会も無い。
ビルに見下ろされながら走っていると東京ってすっげー都会だな」今更過ぎる感想が出てくる。
 
普段は近所の河原で走っているのでちょっとしたプレミアム感があってテンションが上がる。
それはそれとして、初めて走って良かった事、悪かった事もあるので簡単にまとめてみたい。
 

1.ランニングステーションの確保

これからの季節、おそらく一番重要になって来る施設。
これがあると無いとでは、前後の活動が大きく変わってくる。
ロッカーがあるのでランニングウェア⇔普段着の着替えがスムーズに出来たり、ランニング後にシャワーが浴びれたりするのだ。
 
荷物を預ける関係で皇居ランでのベースキャンプ的存在になる。
皇居ランは明確なスタート場所が決まっていないので、ステーションから最寄りの開けた場所からの開始となる場合が多い様だ。
その為、行き帰りの交通機関との兼ね合いも考慮して借りる場所を選びたい
 
最初は着替えも持って行って走るつもりだったけど、実際に行ってみるとそんな人は皆無なので大人しく荷物を預けてからランニングに臨みたい。
走る時はスマホとランニングステーションの鍵だけ持って行ったけど、何かあった時の予防策として若干現金を持って行った方が良いかもしれない。
 
利用料も500円前後で、荷物の管理とランニング後のシャワーが浴びられるので積極的に利用したい。
特に走り終わって汗だくになった後のシャワーは格別である。
 

2.補給体制を整える

補給体制は大きく分けて2つ、ランニング中とランニング後である。
今まで家の近所で走っていたのであまり問題にはならなかったが、今回は1周約30分の皇居を2周、つまり1時間のロングランである。
昔の部活では「2時間だろうが3時間だろうが水分補給一切禁止水を飲むのは甘えだ」と言うマゾい仕様だったが、活動中の適度な水分補給は必須だ。
 

ランニング中の水分補給

ランニング中の発汗によって血液や筋肉中の水分が失われます。水分を補給しないと、血液はドロドロになり、老廃物の排泄や疲労物質・酸素の運搬がうまくできず、パフォーマンスが下がります。

パフォーマンスを上げるには、15分~30分おきにコップ一杯の水分(1時間に4回、合計500ml~1L程度)を補給することです。唇が乾いたときは、すでに水分不足のサインなので、意識して水分補給をすること。ペットボトルを携帯したり、水飲み場のある公園をコースに入れたりなど環境を整えることも大切です。

ランニングのパフォーマンスを上げる水分補給のコツ | あすけんダイエット

 
ランニング中は水がスポーツドリンク等を携帯して、適宜水分補給を行いたい。
キリの良い所ならまだしも、皇居の東側は目立った施設も無くあまり補給が望めない。
特に夏場はクールダウンも兼ねて冷たい水分を携帯したい。
 
また、ランニング後も激しく喉が渇く。
前述のランニングステーションのロッカーに麦茶やスポーツドリンクをあらかじめ用意し、ランニング後の補給に備えておきたい。
 

3.タオルの携帯

1週目ではそれほど必要性を感じなかったけど、2週目になると汗も出てくるのでそれを拭く為にタオルが欲しくなる。
スポーツタオル等で十分なので水分と一緒に携帯しても良いかもしれない。
 
以前から個人的に問題視していた、「走っているとポケットに入っているスマホが躍る問題」に対するソリューションとしてランニング用バッグを導入した。
ここへ来て新兵器の投入である。 
Ohuhu Water Bottle Running Belt

Ohuhu Water Bottle Running Belt

 

 

小物とペットボトルが携帯可能になり、しかも踊らない。

走行距離やペース確認の為に出来ればスマホを持って走りたいがポケットに入れておくと踊って非常に鬱陶しい。

今回初めて導入してみたが非常に快適だった。

家の近所で走る際も積極的に使っていきたいアイテムである。

 

このベルトの部分にタオルをひっかけておけば走行中もあまり邪魔にならないのではないかと思う。

これからの暑い季節、適度に汗を拭きながら快適に走りたいものである。 

 
あと、シャワー利用時にも必要なので余分にもう1枚、ストックがあると嬉しい。
借りても良いかもしれないが体を拭くだけに110円が毎回かかるのも、もったいない。
少なくとも男性は、バスタオルじゃなくても十分だ。
かさ張る物でもないので事前に用意しておきたい。
 

番外.一緒に走る人

予定が合わないとそもそも無理だけど今まで一人で走っていて、今回初めて誰かと一緒に走る事になった。

ランニング前は、自分のペースで走れなくなるのでは…? と危惧していたけど実際は良い意味で自分のペースを崩す事になった。
 
既に何回か皇居を走っている人が先導してくれるとペースメーカーになって、バテないペースで走ることが出来るのだ。
自分の場合は自宅近くで5:30~6分/kmだけど皇居の時は6:30~7分/kmの安定したペースだった。
(一人で走ると知らない間にペースアップしていくので困る)
 
「ランニング」って言うと一人で黙々と走るストイックなスポーツと言うイメージがあるけど、実際は一緒に走る人にフォローして貰えたり複数人で楽しめるスポーツだと思う。
 
ランニングステーションの費用と合わせてもリーズナブルなので家に近くで走りつつ、たまには気分を変えて皇居で走ってみようと思う。
それでは、また。