読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

No think!

No think! は丸の内の箱屋、箱根ヶ崎が「人生を最高に旅せよ!」を合言葉に”旅や移動する事”を楽しむブログです。

ゆっくり流れる贅沢な時間! itonowaで過ごす最高のカフェタイム

f:id:p-n-3-p-n-3:20170314195801j:plain

少し時間が出来たのでぶらりと”itonowa”に行ってきた。

「また来たいな」と思うお店はいくつもあるけど、本当に”また来るお店”って結構少ない。

”itonowa”の何が良いかって店員のお姉さんの笑顔もすごいし、ペリカンのパンと自家製ジャムのコンボは相変わらずだし、おやつの自家製ジンジャーとケーキはたっぷりだし。

店内のインテリアと相まってそうそう、カフェってこんな風だよなぁって思えるお店なのである。

【2017.03.13 記事の体裁と文字修正】

--目次--

 たべものと雑貨のおみせ itonowa

東京観光のメッカ、浅草から離れたかっぱ橋に"itonowa"の店舗は存在する。

浅草からだとそれなりの距離を歩く事になるのと、かっぱ橋からも少し離れているので物見遊山の人が少なく、落ち着いた場所に店舗を構えているのが特徴だ。

 

 接客業なら当たり前の事かもしれないけど、お客さんへの「配慮」が行き届いていて、本当に居心地が良い。

「配」は文字通り「くばる」事。

「慮」は「おもんばかる、考えを巡らせる」事。

来客を慮り、その考えをお客全員に配っている事がビシビシと感じて、そんなお店とお客の一体感が心地良い。

 

itonowaのたべもの

f:id:p-n-3-p-n-3:20160504083347j:plain 

5月上旬のitonowaのスープセット。

 

八朔のジャム・・・itonowaの自家製。八朔の果肉入り

バター・・・パンの量に対して多めなのが心強い。温めてあって塗りやすい配慮も嬉しい

食パン・・・おなじみペリカンの食パン。枚数は2枚だけど厚切りでボリュームがある

スープ・・・ミネストローネ。野菜がゴロゴロと入っていて、食感でもお腹が膨れる

 

 

前回ママレードに目覚めたけど今回は八朔のジャム。

itonowaで出てくるパン関係の物は問答無用で美味しい。

そのままでも美味しい食パンにバターを塗るとかなり美味しい。

そこに更に八朔のジャムを塗るとバターの甘味に八朔の酸味がアクセントを出して飽きの来ない味になる。

 

男の昼食でパンとスープだけだと心もとない気がするけど、ミネストローネには野菜がゴロゴロと入っていて見た目に反してボリュームがある。

しっかりとした食感があるので食べてるうちに満腹感が出てくる。

 

あと食事だけじゃなくて食器が可愛いのだ。

イイホシユミコの食器がお店の雰囲気と合っていてとても心地よい。

個人的にスープ用のボウルの形と手に持った感触が好きだ。

◆【参照ページ】

yumiko iihoshi porcelain

 

itonowaのおやつ

f:id:p-n-3-p-n-3:20160330211625j:plain

5月の季節のケーキ。

 

季節のケーキ・・・チーズケーキにバニラアイスをトッピング。

 

季節のケーキは毎回そうだけど盛り付けが可愛い。

塩キャラメルのソースがアクセントになって最後まで美味しく食べられる。

 

itonowa Life

itonowaから少し歩いた所にある雑貨屋さん。

先のイイホシユミコの作品や帽子が売っていてどれもitonowaっぽい。

売っている場所が限定されている作家さんなので買わなくても機会があれば手に取りたい。

 

itonowaの良い所は美味しい食事だけじゃくて雰囲気から接客から「お店として過ごしやすい」所だと思う。

美味しいお店はいくつもあるけど本当に居心地の良いお店ってあまり無い。

また少したったらitonowaに行きたいと強く思う。

 

それでは、また。

 ---

たべものと雑貨のお店 itonowa

 たべものと雑貨のおみせ itonowa

営業時間:11時~17時

営業日:不定休

※未就学児童の入店はご遠慮して頂く旨、記載有り

【2017.03.13現在】

---

他にもカフェの記事、あります 

p-n-3.hatenablog.com 

p-n-3.hatenablog.com 

広告