読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

No think!

No think! ‐考えない‐ は銀座の箱屋、箱根ヶ崎がお届けする1記事5分くらいで気軽に読めるシンプルライフブログです

20160322 可能性は誰にも否定できない

ブログ ブログ-言及します!

f:id:p-n-3-p-n-3:20160322215846j:plain

 

三連休明けの最初の平日です。

中々調子の戻らない人、とりあえず今週乗り切ろうとする人、もう今週は諦めて来週からがんばろうとする人、色々な形で新しい週のスタートを切ったと思います。

 

hagex.hatenadiary.jp

lineblog.me

 

読みまして。

旅行、と言うか物事に対して人の感じ方は十人十色なので殊更叩く事も無いような気もします。

ただ、旅行をして人生観が変わるか変わるかどうかは人それぞれなので、その可能性を否定する事は誰にもできないと思います。

色々な人が居る中での「多様性の否定」が一番良くないな、と。

旅ばかりしている人を見るとなんだか、
常に逃げているように見える
今日この頃で

しかもそれを過剰に飾り立てて
ビジネスにしている人を見ると
「んー?(*´ω`)」って思う。

なんかね…みんなどうか、騙されないでほしいよ…。
変なスパムとか、よくわからない教祖面の人にさ。

世界一周を売り文句にしてる人って
大体中身ゼロだよ。

世界一周しても人生が変わらなかった話はこちらです↓

 

わたしは、なぜタダで70日間世界一周できたのか? (幻冬舎文庫)

わたしは、なぜタダで70日間世界一周できたのか? (幻冬舎文庫)

 

 

 

四国で山から見下ろした瀬戸内海、岩手の龍泉洞で見た地下鍾乳洞、イタリアのベネチアで見た色とりどりの家。

それらは間違いなく僕の中の世界観を広げたし、世の中の多様性を感じさせてくれた。

 

人間は自分が想像した事しかできない、と言うエントリーを読んだことがあります。

もし自分がアラブの大富豪になったら何をしたいですか? とい言う質問に対してビルを建てる、自家用ジェットを買う、と言った想像しか僕は出来ない。

 

ただ、自分の世界を広げる事は、想像できる余地を広げる事だと思う。

想像できる余地が広がれば自分の可能性も広がる。

 

はあちゅう女史からすれば僕は中身が0でも良いと思う。

0なら0でまた積み上げていけば良いのだ。

そこから広がる可能性は誰にも否定できない。

 

イタリアで見つけたトイレの注意書き。

まぁ、そう使われる可能性も無くは……無いけど……

 

今日はそんな感じです。

それでは、また。

f:id:p-n-3-p-n-3:20160322223643j:plain