読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

No think!

No think! ‐考えない‐ は銀座の箱屋、箱根ヶ崎がお届けする1記事5分くらいで気軽に読めるシンプルライフブログです

東京に来たら男も女もこれを食え! -ハンバーグの名店 銀座 AOI-

シンプル&ミニマル シンプル&ミニマル-食事

旅先に来たら、観光客を相手にしているっぽい店じゃなくて、地元の人だけが知っているお店に行きたいと言う人が居る話。

少し前に友達から聞いた話。

東京に地元の友達を迎えるんだけど行き先が決まらなくて困ると。

 

浅草寺とかスカイツリーとかそういう観光客が行く様な所は行きたくない。

お台場は別にどこにでもあるお店が入っているショッピングモールがあるだけじゃないかと。

高尾山? 東京まで来てなんで登山??

 

色々と案を出してみたけど、他にも制約があって叶わず往生したらしい。

何となくだけどその気持ちは解からなくはない。

 

せっかく東京に来るんだから東京にしか無い物を見てみたい、体験したい。

何となくだけどその気持ちは解からなくはない、解からなくは無いけど難しい所である。

 

東京に住んでいる人だけが知っているちょっと「通」っぽい所に連れていって欲しかったのだろう。

東京に居るからってカフェや仕事終わりにバーとか行ったりする訳じゃ無いのに・・・。

 

観光客相手の食事って訳じゃないし、チェーン店でも無い。

東京に来た感を出しつつ、気取った感じもしない。

そして何よりちょっと「通」っぽい、知る人ぞ知る感のあるお店

そんな感じのお店をその友達に紹介したら結構ウケが良かったのでその紹介です。

 

銀座 AOI

銀座である。

東京と言えば浅草寺、東京タワーに次いで銀座4丁目の交差点がメジャーな銀座だ。

その銀座1丁目にお店を構えるのが「AOI(エーオーアイ)」。

 

昭和通り沿いでわかりやすい場所だけど、比較的小さな店名の看板からこじんまりした印象を受ける。

お店の前に横断幕があって入店前から期待が高まる。

f:id:p-n-3-p-n-3:20160222213816j:plain

 

店内もこじんまりしていて昼食時は若干の行列が出来る。

客層は場所柄か比較的年配の方が多いのと、オフィス街でもあるのでサラリーマンも多い。

と言うか僕も昼食を食べる時に偶々目に入ったので入った事がきかっけだったりする。

f:id:p-n-3-p-n-3:20160222213819j:plain

 

メニューは全てハンバーグ関係。

定番のデミグラスソースやポン酢、その他に季節のハンバーグが有ったりして飽きが来ない。

デミグラスソースはペースト状のタマネギを始め、AOIオリジナルのレシピで作った秘伝のソースだ。

 

ハンバーグも旨いけどこのソースが旨いのだ。

いや、ハンバーグも非常に旨い。

f:id:p-n-3-p-n-3:20160222213808j:plain

牛スネ肉を使ったハンバーグはとても柔らかく、しっかりと肉の味がする。

そして特性のソースはタマネギの甘味がしつつ、ハンバーグの味を引き立てるのに役立っている。

甘すぎる訳でも辛い訳でもなく、ソース自身の味を主張しつつも、ハンバーグの味を引き立て、それをご飯へと繋げるのだ。

 

ハンバーグは1つ120gとの事なので女性は1つ、男でも2つ&ご飯大盛にすればお腹いっぱいになる。

付け合わせもサラダ+半熟目玉焼き+ポテトサラダとボリューミーだ。

 

他の店でも食べた事はあるけどハンバーグに関してはAOIが一番旨い。

ハンバーグと特性ソースのコンビネーションで確実にご飯が進む。

そしてまた食べたくなるのだ。

むしろ自分で書いていて食べたくなってきた。

 

ハンバーグの後に

最初にドリンクセットを頼んでハンバーグの後の〆に飲む珈琲がとても美味しい。

ちょっと油っこくなった口にここの珈琲がとても合う。

友達と行った時に「なんか珈琲飲みたくなったね」と追加で頼んだら非常に美味しかった。

f:id:p-n-3-p-n-3:20160222213813j:plain

ちょっとカフェオレっぽいけど普通のブラックだ。

一度ハンバーグを頼むと3か月間の期間がついているけど、ドリンク無料券がもらえる。

次からは毎回〆の珈琲が飲めるのも嬉しい。

 

昭和通りに面しているので比較的わかりやすい立地。

だけど主に休日に混雑する銀座の通りからは少し離れた場所にある個人経営のお店。

そして銀座にある飲食店だけど、凄く特別な料理って訳じゃなくて親しみやすいハンバーグ。

 

先の「東京に来た感を出しつつ気取っていない、そして観光客の多い銀座の大通りから少し離れた場所にあるこぢんまりとしたお店」の条件を見事にクリアしている。

一度食べるとまた行きたくなるハンバーグの名店AOI。

ハンバーグなので誰でも絶対に美味しく食べられるのだ。

銀座、と言うか東京に来た際は是非!