No think!

No think! は丸の内の箱屋、箱根ヶ崎が「人生を最高に旅せよ!」を合言葉に”旅や移動する事”を楽しむブログです。

男性ミニマリストもカフェで気分転換! 30代男性ミニマリストがおすすめする都内カフェ3選

仕事が忙しかったりすると毎日の生活が圧迫されて毎日があんまり楽しくない時がある。

そんな時にぼーっとしたり、いつもと違う環境でブログ書いたり、本読んだりすると自分の気持ちにワンクッション置く感じがして落ち着く。

 

「カフェでPC開いて作業とか意識高い系かよw」とか言わないで。

男でも静かな所で好きな事やって気分転換になるなら良いのだ。

 

 

ミニマリストとカフェ

ミニマリストとカフェって結構相性が良いのかカフェめぐりが好きな方が結構多い。

本多メグさんが運営されている札幌カフェめぐりとか。

札幌を訪れた際は是非行ってみたくなる。

tabearuki.hatenablog.jp

はせおやさいさんが以前に紹介されていた喫茶店とかも行ってみたい。

hase0831.hatenablog.jp

 

世の中には魅力的なカフェ・喫茶店が沢山ある。

都内で男一人でも比較的入り易かったり、食事も「カフェの飯とかwwwどうせ量少ないしwww」とかならない様なお店だ。

1人で行ってゆっくりするもよし、何人かで行くのもよし、いつもと違う雰囲気でゆっくり気分転換できると思う。 

TODAY’S SPECIAL -自由が丘-

f:id:p-n-3-p-n-3:20160211115438j:plain

自由が丘、渋谷、京都に店舗を構える雑貨屋。

海外からの輸入品や国産の小物、ちょっと変わった調味料なんかが手に入る。

1Fはキッチン用品、2Fはアパレル、雑貨、ガーデングッズがメインになっている。

 

個人的には1Fの一角にあるアウトドアコーナーのダッチオーブンが気になっている。

武骨な外見がとても男心を刺激するのだ。

欲しいな、とは毎回思うけど買った所で山に持って行くわけにもいかないので今の所鑑賞用にしか使い道が無い。

いや、ダッチオーブンはそんなに重要じゃない。

ロゴス(LOGOS) ダッチオーブン SLダッチオーブン10inch・ディープ(バッグ付) 81062229

ロゴス(LOGOS) ダッチオーブン SLダッチオーブン10inch・ディープ(バッグ付) 81062229

 

 

3Fがカフェレストラン「TODAY'STABLE」

ウッディな店内でオーガニック野菜を使った料理が食べられます。

季節毎にメニューが変わるので「これが看板メニュー」と言うのは無いけどガッツリお肉、とかじゃなくても満足する

特に魚系の料理は毎回ハズレが無い。

値段も1000円前後で気軽に寄り安いのも良いし、食後に出てくるコーヒーのカップがとても可愛い。 

 

f:id:p-n-3-p-n-3:20160211144634j:plain

 

TODAY'S SPECIAL Jiyugaoka

152-0035 東京都目黒区自由が丘2-17-8

1F/2F Market
open 11:00-21:00
03-5729-7131

3F Kitchen
open 11:00-23:30 (Last Order 23:00)
03-5729-7160

 https://www.todaysspecial.jp/

 

 SOUL TREE -二子玉川-

f:id:p-n-3-p-n-3:20160211150134j:plain

元工場を改装したカフェ&BAR。

二子玉川の駅から少し、と言うか結構歩いた先にあるので徒歩で行くとたどり着くまで軽く疲弊する。

でも店に駐車場は無いECO仕様なのでしっかり歩くかバスにて行くしかない。

古今東西旨い物は簡単には手に入らないのである。

 

店内は元工場だけあって武骨な感じだけど、入口に洋書の本棚があったり、古い工具が壁に飾ってあったり、アンティークショップの様な作りになっている。

男なら一度は憧れる「ガレージにソファを持ってきて秘密基地っぽくして友達と飲む」事が出来る。

食事は先に紹介したTODAY'S SPECIALとは逆でとってもがっつり系。

肉!肉!!肉!!!

なのである。

でも魚料理もおいしいのだ。

 

でっかいバーガーを食べながらビールを飲む。

非常に「男っぽい」楽しみ方、食い方が出来る店だ。

店の中央辺りにあるソファにどかっと座って友達と喋るのも良し、隅の方の席でゆっくりするのも良し。

あ、入口近くにあるショーウィンドウにケーキとかプリンとかあってそれも非常に美味しそうだった。

今度行ったら全種類食べてみたい。

 

 

■住所:東京都世田谷区鎌田3-2-15

■営業時間:[月~木・日] 11:30~24:00

 [金・土・祝前日] 11:30~翌2:00

■定休日:定休日無し ■電話番号:03-6411-7312 Wi-Fi

GARAGEWORKS

 

 純喫茶 デン -鶯谷-

みどりさんが食レポを記事にされていたのが切欠で知ったお店。

midori32.hatenablog.com

 

p-n-3.hatenablog.com

 

ラブホと風俗で有名な鶯谷駅からこちらも15分程歩いた所にある昔ながらの純喫茶。

普段はまったく歩かない、歩きなれていたら逆に怖い街中を抜けて行く感覚はちょっと非日常感があって楽しい。

場所が場所なので男一人で行くときも早めに行って早めに帰った方が良い。

 

場所は兎も角、初見では看板が解かりづらいので注意されたし。

店内は昭和感漂う、と言うか昭和のままで30代以上の方は多分懐かしい感じになると思う。

何と言うか「昔、親と来たなぁ」って感じになる。

流石は純喫茶、店内喫煙OKなので嫌煙家の方には少し敷居が高くなるかもしれない。

おじさんがふらっと来てタバコを吸いながらコーヒーを飲む姿はなにやら懐かしい気持ちになるのでそれ見るのも一興だと思う。

 

名物はTVでも紹介されているので説明不要の「グラパン」

食パン半斤の中をくり抜いてグラタンを流し込んでオーブンで焼くワイルドな名物である。

最初はまかない料理として器が不要との事で作っていたがいつしか店の看板メニューになったとの事。

食パン×グラタンの圧倒的小麦のコンビネーション、腹ペコの状態で行かないと返り討ちに合う。

 

くり抜いた食パンがグラパンの横に添えられているけど、毎回それをグラタンに浸して食べる一口目がすげー旨い。

ふわっとした触感のパンにタマネギの甘味が効いたグラタンが合う、合いすぎるのだ。

 

タイミングにもよると思うけど店員のおばちゃんの気配りが凄い。

おしぼり、水の追加、お客さんの案内、完璧である。

常連さんに対しても周りに嫌味が無い程度に挨拶と世間話をする、この下町感。

小さい店舗ながらつい、長居してしまう喫茶店だと思う。

 

 

 

■住所:東京都台東区根岸3-3-18 メゾン根岸1F

■営業時間:9:00~18:00

■定休日:不定休■電話番号:03-3875-3009

DEN (デン) - 鶯谷/喫茶店 [食べログ]