読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

No think!

No think! ‐考えない‐ は銀座の箱屋、箱根ヶ崎がお届けする1記事5分くらいで気軽に読めるシンプルライフブログです

男のプレゼントを探してかっぱ橋道具まつりへ -イカが飛び、巨大寿司が道に転がる街-

かっぱ橋道具街で友達の誕生日プレゼントを買った話。

少し年上だけど中学から仲良くしてもらっている友達がいる。

今まで旅行のお土産以外でプレゼントをした事が無かったけど、今年はその友達のプライベートで色々な変化があった年。

年末年始、東京に来るとの事なので少し遅くなるけど誕生日プレゼントを探しに行った。

 かっぱ橋道具街

かっぱ橋道具街は浅草の近くにある調理器具の卸、業務用品店が軒を連ねる街。

f:id:p-n-3-p-n-3:20151012100544j:plain

合羽橋 - Wikipedia

www.kappabashi.or.jp

丁度10月の連休で「かっぱ橋道具祭り」をやっていたので先の友達へのプレゼントを探しがてら行ってみた。

浅草まで行き、浅草から10~15分ほど歩くと目当てのかっぱ橋道具街に入る。

小売の店じゃなくてドカッと袋に入った文字通り業務用の商品ばかり売っている店がズラッと並んでいる。

食料品以外に食器、調理器具、包丁の専門店もあったりする。

 

「業務用」って聞くとなんとなく「沢山入っていて安い」イメージがある。

業務用マカロニ4kgとか売っているのを見るとつい、テンションが上がってしまう。

東京に来てからは何度か来たけどここの街の面白いところは全体的に漂う「非日常感」だと思う。

普段、業務用品なんてあんまり買わないし、外食するときも店の厨房なんて見えない。

それが至る所に展示してあって触れるので、何も買わなくて楽しい。

 

f:id:p-n-3-p-n-3:20151012100553j:plain

ある意味、かっぱ橋のランドマーク的なニイミのコーヒーカップ。

向かい側には巨大なコックさんも居る。

f:id:p-n-3-p-n-3:20151012100547j:plain

こちらが本当のシンボルのゴールデンかっぱさん。

道具街の中ほどに(立っているけど)鎮座している。

 

あと一時期話題になって今も外国人観光客のお土産上位に入る「食品サンプル」のお店もあった。

f:id:p-n-3-p-n-3:20151012101715j:plain

60cm以上はある巨大エビ寿司。

めちゃくちゃインパクトがある。

部屋に置いて椅子座椅子に出来ないかちょっと考えて諦める。

 

そのほかに地方の物産市も同時にやっていて昼飯がまだだったのでそこで頂く。

僕が食べたのは餃子だったけど横でイカが空を飛んでいた。

 

f:id:p-n-3-p-n-3:20151012101740j:plain

多分回転させて乾燥させるんだと思うけど大量のイカがくるんくるん回っているのはちょっと普通では見れない光景だった。

ちなみに結構早いスピードで回る。

 

男のプレゼント

今日は誕生日プレゼントを探しに来たので「食器」のお店を中心に見て回る。

卸のお店なので定価の5~7割り引きで買えるのも魅力だし、普通に売っていない物も買えるがアツい。

和食器、洋食器、グラス、湯のみ、ぐい飲み、色々見たけど中々ピンと来るものが無かった。

が、店先に出ていたのを見た瞬間これだ! と思える食器に出会えた。

 

男女平等といっても男性がやった方が良い事、女性がやった方が良い事はあると思う。

そんな中、男に求められるのはなにが起きても動じない度量、言い換えるなら人間としての器が大きくないとダメだ。

僕の友達にもそんな大きな器をもった極上の男になって欲しい。

そんな願いを込めて友達へのプレゼントは決まった。

 

 

 

 

 

 

 

f:id:p-n-3-p-n-3:20151012101722j:plain

何事にも動じない落ち着きを表す黒、底知れない度量の深さを物語るラーメン鉢、そして金色の文字で燦然と輝く「極ジョー」の文字。

完璧だ。

 

元々ラーメン屋用のサンプルとして作成して必要なくなった為今回売りに出した事を店のおじさんから聞いた。

後で調べてみたらちゃんとお店も合った。

tabelog.com

 

不思議な縁も感じるので今度食べに行ってみたい。

広告