読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

No think!

No think! ‐考えない‐ は銀座の箱屋、箱根ヶ崎がお届けする1記事5分くらいで気軽に読めるシンプルライフブログです

男性ミニマリストの秋・冬服の着回し(ボトムス)

シンプル&ミニマル シンプル&ミニマル-30代メンズファッション ブログ ブログ-言及します!

ミーさんの記事を読んでそろそろ衣替えの準備に入った話。

10月に入ってから一気に気温が下がって季節はすっかり秋。

ジャケットやパーカー等「羽織り物」が好きな僕には非常にありがたい季節。

 ミニマリスト的服のテーマ

今年の秋冬のテーマはミニマリストの方の多くが実践している「私服の制服化」を目指したい。

もう自分の一番好きな服しか着たくないし、服の数が少ない方がクリーニングやメンテナンスもマメにできるし。

大先輩ミニマリスト、ミーさんは「カジュアル」な服で揃えている。

haru501227.hatenablog.com

ふと、若い時に思っていた年相応ってなんだろ?と思ったのです

 

今のこの年齢は服装が難しいと私と同年代の友人がよく言っています

 

私もそうだな、難しいなと思った時期もありましたが

 

自分が好きな、自分が良いと思う服装をしたらいいじゃないか

 

年相応なんて感じ方は人それぞれ

 

周りの目を気にしなければならないような奇抜な服装をするわけでもないんだから

 

自分の好きを大切にしたい、してほしい 

 いつも自分の一番好きな服を着る、自然体な自分を表現する。

僕も「これだけは押さえておきたい秋服ベスト10」とか「今買って春まで徹底着回し出来る上着」とかを見るとやっぱり欲しくなる。

今までなら次の休みにでもさっそく服屋に買いにいったけど今は考える。

本当に必要か? 今気に入っている服以上に気に入るのか?

そう考えると案外、買わずに済んでいく。

 

秋冬のメンズワードローブ -ボトムス-

参考にしたいな、と思いつつ男性ミニマリストの方で着回しやワードローブのブログがあまり見つからなかった。

もし他の方の参考になればと思いつつ掲載。

あと、僕なりに「色味」に気を付けているのでそのあたりも少し書いてみた。

f:id:p-n-3-p-n-3:20150914202037j:plain

ボトムスは2着。

迷彩柄と普通のジーパン。

男女問わずジーパンは大体なんにでも合うのでミニマリスト必携のボトムスだと思う。

Tシャツ・ロンT・シャツ、シンプルに1枚着たり、さらにその上からジャケットを羽織って綺麗めカジュアルにできる。

僕と違って女性だけど同じくミニマリスト先輩のこんつまさんの私服・制服の中にも入っているので間違いない。

newfaceminimal.hateblo.jp

 

迷彩柄も基本的にジーパンと同じ様に合わせていく。

ただ、柄で遊びを入れているのでシャツとの相性は僕はあまり良くないと思う。

総柄のパンツになるのでトップスをごちゃごちゃしてイラストや柄にすると見た目が「うるさく」なるので無地のものを合わせた方が良い。

柄物×柄物はお洒落上級者じゃないとかなりひどい事になる。

シンプルに着るまでに試行錯誤したので多分間違いない。

 

あと、タイトめなサイズを選んだ方が絶対に良い。

ダボっとしたサイズだと、どうしても「ミリタリー系が好きな人」っぽく見えてしまう。

写真のパンツは一昨年、ユニクロで買った物だけどストレッチ素材なのでタイトだけど着ていて動きづらくない。

迷彩柄は定期的に流行るので着ていればまたそのうち流行るのも良い。

 

秋冬のメンズワードローブ -シューズ-

f:id:p-n-3-p-n-3:20150914202032j:plain

シューズもボトムスと同じで2種類。

スニーカーはGUのキャンパス地のスニーカー。

ブーツはティンバーランドのベーシックモデル。

 

前は黒のスニーカーも持っていたけど迷彩のパンツと相性が良くなかったのでさよならした。

色々な方が記事に書いているけど服の色は3色までに抑えた方がおしゃれに見える。

迷彩柄はどうしても多色使いになるけどダークトーンだと統一感があって1色扱いになる。

ただそれだと足元に暗い色を持っていきづらいから靴は全部明るい色だけを残した。

 

ちなみに白い色もキャンパス地の素材感もジーパンに合う。

というかこっちの方が絶対ハマる。

 

ブーツも大体同じ理由で選んでいる。

ブーツの色が「アースカラー」で文字通り黄土色なのでワーク系のボトムスと合う。

チノパン、カーゴパンツ、ジーパンあたりと相性がいい。

それほど重くない事ので秋~春まで履ける。

あと僕の実家の方が結構雪が降るので冬場に実家に帰るときはかならずブーツを履いて帰る。

 

秋・冬服の組み合わせ

ボトムスのみだけど、パンツ2種×シューズ2種で4パターンの組み合わせが出来る。

土曜日と日曜日で迷彩→ジーパンに変えたり、同じジーパンでもスニーカーとブーツで全然違った感じになる。

これに上着が2種類くらいあれば2×2×2=8パターン。

8パターンあれば1週間毎日違うテイストの服が着れる。

そうなれば9月のシルバーウィークも10月の連休も年末~年始の連休もきっと乗り切れる……はず。