読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

No think!

No think! ‐考えない‐ は銀座の箱屋、箱根ヶ崎がお届けする1記事5分くらいで気軽に読めるシンプルライフブログです

ミニマリスト的3泊5日の旅支度

シンプル&ミニマル シンプル&ミニマル-ミニマリスト シンプル&ミニマル-旅

9月のシルバーウィークに、と言うか今週末に大阪の姉ちゃんの家にお泊りするついでに京都も観光して来る事になった。

本当はもっとのんびり行きたいけど、中々そうも言っていられないので深夜バス・新幹線をフルに使って強行軍だ。

そうなって来るとやっぱり荷物は少ない方が良いので今までミニマリストを目指しながら学んだ事を是非生かしたい。

 3泊5日でそもそも何が必要なのか?

今回の日程では1・2日目を姉ちゃんの家、3日目を京都市内のホテルにしている。

全部ホテルならアメニティ類や寝間着も必要ないけど姉の家に泊まる以上さすがに最低限の物は持って行かばなるまい。

ヒゲも伸ばしっぱなしは良くないし僕は電気シェーバー派だ。

着替えは必要だけど、毎日夜に洗濯すれば最低限で済む。

 

世の中にはバックパック1個で世界を旅する人もいるのだから人の居る所に泊まりにく僕はもっと荷物を減らせるハズである。

色々考えた結果3泊5日で必要と思われる物を揃えてみた。

 

3泊5日で必要と思われる物

f:id:p-n-3-p-n-3:20150914211205j:plain

色が暗くてわかりづらいけど左から順に説明。

 

寝間着(上下)

ホテルじゃなくて姉宅に泊まるならば当然必要だろう。

子供も居るので「ある程度」の格好はせねばなるまい。

 

着替え(タンクトップ・下着・靴下各1日分)

Tシャツ・ハンカチ(1日分)

毎夜の選択はしないといけなくなるけど、逆に言えば圧倒的に荷物が減る。

mykaji.kao.com

リンクにもあるけどそれほど汗をかかなければお湯で流すだけでOK。

気になればボディーソープで軽く洗う。

旅先ではあくまで次に着る為のメンテナンスで本格的な洗濯は帰ってからする。

ガサを食う服を一気に減らす思い切りのいい決断だと思う。

 

洗濯後はハンガーとかホテルにあるのを使ってその辺にひっかけておけば抵当に乾くだろう。

と、非常に男子的な発想で着替えを一気に圧縮。

ちなみに服はミニマリスト必携の圧縮袋でコンパクトにする。

 

あとはポーチに細々とした物を入れておく。

1. 髭剃り 

ブラウン シリーズ7 720s-7 シェーバー

ブラウン シリーズ7 720s-7 シェーバー

 

 

2.シェービングローション 

サクセスプレシェーブローション/100ml

サクセスプレシェーブローション/100ml

 

 

3.アフターシェービングローション

4.ポケットドルツ 

Panasonic 音波振動ハブラシ ポケットドルツ 黒 EW-DS18-K
 

5.小型歯磨き粉

6.充電器&ケーブル

7.家の鍵

 あとはガジェット関係だ。

 

Surfaceipadの夢をみるか

Surfaceは持って行こうか悩む所だ。

ipadと違ってSurfaceは電源・電池の持ち共に取り回しが悪い。

iPhoneと電源を共有できるipadに対してSurfaceは専用のアダプターが必要。

フル充電でも実働約6時間と3泊5日の日程に対して不安を残す。

更にいかんともしがたいのが本体+キーボードカバーの全備重量が907gと1kgに迫る。

あると無しじゃ荷物が大きく違う。

 

が、今回はあえて持って行くことにした。

今まで行った旅先の写真を姉ちゃんの子供に見せたい。

旅先で撮ったムービーや旅先で知り合った人からもらった写真も見せたい。

 

特に真ん中の中学1年の男の子はアウトドアが好きと言う話だ。

それは是非今まで登った山の写真を見せながら語らいたい。

登山道具はもってはいけないけどせめて登山の写真を見てまだ登ったことが無い山へ興味を持ってもらいたい!

そのためにはやっぱりスマホの小さい画面じゃダメだ。

ノートパソコンとは言わないまでもタブレットの画面で少しでも臨場感のある写真をみてもらいたいのだ。

 

その為総力を挙げてSurfaceのバックアップ体制をとる事に。

まず重量の問題から当然、アダプターは留守番させる。

そして事前に画面の明るさを事前に最低限にしておく。

さらに使用するシーンを限定して無駄なバッテリーの消耗を抑える。

なにしろ旅の途中での補給は望めない。

さながら片道切符で戦場に向かう兵士の様だ。

 

いつもは新幹線の中でSurfaceを使っていたけど今回は帰りまでバッテリーが持つか微妙、と言うか多分持たない。

行きのバスの中と兼用で文庫本を1冊購入し、バッテリー切れに備える。

 

ファントム・ピークス 角川文庫

ファントム・ピークス 角川文庫

 

 

最悪、スマホでもある程度ブログを書いたり、グーグルドライブ上の写真整理は出来るので大丈夫なはず。

こうしてSurfaceの為にバックアップ体制を整え、初の無補給旅行に備える。

 

最終的にバックパックに入れて行く物

f:id:p-n-3-p-n-3:20150914202042j:plain

最終的にバックパックには財布・ポケットwifi・ティッシュ・Surface・移動中に読む文庫本1冊を入れて行く。

後は使い捨てでネックピローをダイソーで仕入れていけばokだろう。

あとは当日着る服とポケットにスマホを入れておく位でなんとかなる…はず。

この盤石の布陣で週末からの移動に臨みたい。