No think!

No think! は丸の内の箱屋、箱根ヶ崎が「人生を最高に旅せよ!」を合言葉に”旅や移動する事”を楽しむブログです。

足る事を知る

先週末に気になっている本をまとめ買いした。 

ぼくたちに、もうモノは必要ない。 - 断捨離からミニマリストへ -

ぼくたちに、もうモノは必要ない。 - 断捨離からミニマリストへ -

 

 

 

フランス人は10着しか服を持たない~パリで学んだ“暮らしの質

フランス人は10着しか服を持たない~パリで学んだ“暮らしの質"を高める秘訣~

 

 

「フランス人は10着~」は書店に並んでいるときから気になっていた本だし、「ぼくたちに、もう~」はミニマリストの間では名著と名高い。

両方と是非押さえておきたい本だ。

そんなに気になるなら買ってしまえ、と両方とも買った。

 

手始めに「ぼくたちに~」から読み始めているけど新しい視点の発見がある。

根本的に物を減らす事が目的じゃなく減らした先に何を望むのか?

逆に絶対に減らせない物はなにか?

色々と考えるきっかけになりそうだ。

 

僕の好きな言葉で「足る事を知る」と言う言葉がある。

今も現役で雲水(お寺の修行僧」が居る福井県永平寺に書かれている言葉だ。

永平寺はいつ行っても素晴らしい。

この他にも永平寺内のゴミ箱の表記が「護美箱」となっていたり、カッコいいポイントが数多い。

http://www.mitene.or.jp/~katumin/

 

「足る事を知る」事と「ミニマリスト」である事はすごく近いと思う。

僕には家もあるしスマホもあるし好きな服もある。

仕事をして休日は掃除をしたり、コーヒーを入れたり、本を読んだり、好きな映画を見たり、山に登ったり、家でちょっと手間のかかる食事をしたりできる。

十分になんでもある、足りているのだ。

休日の過ごし方を書いていて思い出したジョークがある。

アメリカのジョークだけど今の「足る事を知る」と同じ感じがして初めて見た時にとても印象的だった。

www.geocities.jp

 

まだ半分くらいしか「ぼくたちに~」は読んでいないけど週末に岐阜に行く予定なので新幹線の中で一気に読もうと思う。