読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

No think!

No think! は丸の内の箱屋、箱根ヶ崎が「人生を最高に旅せよ!」を合言葉に”旅や移動する事”を楽しむブログです。

200記事到達とブログを続ける事

f:id:p-n-3-p-n-3:20170313212329j:plain

先日の記事で当ブログの記事数が200となりました。

月並みではありますが、読んで頂いている方があってのブログです。

誰にも読まれなければ書いている本人も飽き、インターネットの波間に消えていったかもしれません。

本当にありがとうございます。

 200記事を迎えて

節目を迎える度に思いますが、ブログを書き始めた当初はヘタレな自分がどれだけ続けられるか大いに疑問だった。

以前は文字通り三日坊主でいくつかブログを書いては放置する事を繰り返していた。

 

ブログ、と言うか”書いて表現”する事を覚えたのは中学生の頃。

鉛筆と大学ノートで文章を書いて友達と読み合っていた当時は、改行ほぼ無し・誤字脱字有り・行間もぎっしり、と言うこれは古文書か? と言ったら逆に失礼に当たる様なシロモノでした。

 

そんな古文書を書き綴っていた時から高校に上がり、自宅にはPCが置かれます。

手で書かなくても文字が出てくる。

ただそれだけが楽しくて、毎日数時間は文章を書いていた。

そしてインターネットの登場により、自分の書いた文章を世に出す事を覚えるまでにそれほど時間は掛からなかった。

(当時のHPを検索したら、恐ろしい事に残ってた。サーバーが爆発すれば良いと思う)

 

f:id:p-n-3-p-n-3:20170314194121j:plain

乱文・散文でも、書いた当時はあるだけの力で書いた文章を見ると感慨深い。

あれから10年以上経って、当時とは住む場所や立場も、そしてインターネットの世界も変わった。

だけど、文章は10年以上変わらずそのまま残っている。

 

当時の自分に今の自分を見せたらどう思うだろうか?

文章で食べて行きたい! と思っていたが、まだその夢は叶っていない。

ただ、一度は大きく別方向に人生の舵を切ったけど、巡り巡って元の方向に少しづつ向いている様な気がする。

 

今年は無理かもしれない。

来年も無理かもしれない。

ただ、やるからには結果を出したい。

いつ、どんな事をやって”結果”とするのかは自分次第だと思う。

 

ブログと長距離走

ブログって、長距離走に似ている。

スタート直後にダーッと走って力尽きる人も居るし、途中でバテてリタイヤする人も居る。

かと思えば、延々とすげーハイペースで走り続ける人も居る。

 

f:id:p-n-3-p-n-3:20170314194433j:plain

ただ、途中で力尽きた人でもまた立ち上がればレースに復帰できるし、リタイヤした人でも、何度でも途中参加は可能だ。

今はハイペースで走っている人も半年先はどうなるか解からない。

もしダメだったらまた挑戦すればいい。

挑戦、と言うか続ける事について、A1理論さん(id:A1riron)の記事がとても印象的だった。

 

コツコツと仕事している人が最後には報われる。

上記の警官の言葉を借りれば、

「向かっているわけだからな…………違うかい?」

ってことだ。

 

結局、「出来ない人」って、正確に言うと「出来ない人」なのではなくて、

「途中で諦めちゃう人」

なんじゃないかと僕は思う。

A1理論はミニマリスト

 

途中であきらめればそれまで、である。

やりたい事、実現したい事に向かっていればたとえそれが遠くてもいつか達成できる。

向かっているわけなので、目的地には到着する。

 

ブログを始めるきっかけにもなった、はせおやさいさん(id:hase0831)が記事で1000記事を達成された事を1年ほど前に書かれていた。

200の5倍なので、その量はハンパでは無い。

当時で8年掛かっての1000記事である。

◆【参照ページ】

ブログを書き続けていたら、夢が叶った話 - インターネットの備忘録

 

ブログは記事やPVだけじゃなくて、超個人メディアでもあると思うのでそういう意味では個人の夢を叶えるってすごく理想的な形だ。

自分の想いや考えを、熱意をもって世の中に発信する。

その事が自分の夢を叶える為の一歩になって行くのだと思う。

◆【参照記事】

ブログ書くならオフ会で「情報発信力」と「熱量」のある人に触れると良いと思う - No think!

 

節目を迎える度に思うのですが、ブログ開始当初から記事の内容や周りの環境も変わっていきますが、これからも”No think! らしさ”を大切にしながら記事を書いていければ嬉しいです。

これからも箱根ヶ崎P.N.3をよろしくお願い致します。

f:id:p-n-3-p-n-3:20160524200035j:plain

(決して100(+10)記事達成時の使いまわしの手抜き等では無く、初心忘れるべからず的なアレである)

 

それでは、また。

---

他にもブログの記事、あります

p-n-3.hatenablog.com

p-n-3.hatenablog.com

広告