読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

No think!

No think! ‐考えない‐ は銀座の箱屋、箱根ヶ崎がお届けする1記事5分くらいで気軽に読めるシンプルライフブログです

飛行機内でシートをリクライニングさせる限界は? 上空1万mの小さな領土紛争

f:id:p-n-3-p-n-3:20170421191113j:plain

宮田レイシープさん(id:goodbyebluemonday23 )のエントリーで新幹線の座席を倒すのは是か非かのエントリーを読んだ。

◆【参照ページ】

新幹線のリクライニングをたおす時、後ろの人に「許可」を得る必要はあるのか? - さようなら、憂鬱な木曜日


結論から言えば前述のエントリーでは座席を倒す事に対してケチをつけるのでは無く、少なくともお願いベースではないだろうか? と言うものだ。

基本的には箱根ヶ崎も同意見ではあるのだが……。

 

これはユーラシア大陸上空で起こった”小さな小さな領土紛争”の記事である。

続きを読む

過去記事は宝の山! ツイッターで紹介する際に気を付けたい2つのポイント

f:id:p-n-3-p-n-3:20170419134337j:plain

ブログを書いて行くにあって、閲覧者数やホットエントリー入りなど露出が増えるのは非常に嬉しいし、モチベーションアップに繋がる。

モチベーションが上がっている状態で書いた記事は書き手も楽しいし、きっと読んでいても楽しい記事になると思う。

 

一方で、書き終わった記事に対するケアは意外とほったらかしにしている事が多い。

記事の性質にも寄るけど、せっかく手塩に掛けて書いた記事を放置するのは非常に勿体ない。

 

書き手からすると「書いてからすげー時間経ってるし、今さら……」と言う気持ちがあるけど、流動性が高いインターネットの世界では、記事によっては時間の経過はあまり関係ないのもある。

一生懸命書いた記事が埋もれてしまうのは勿体無いので、是非活用したい。

続きを読む

ゴロッと牛肉とコク深いカレーの相性が最強! これぞキングオブ洋食屋のカレー! -神保町 ボンディ-

f:id:p-n-3-p-n-3:20170413200554j:plain

カレーって不思議な食べ物 (飲み物?) だと思う。
誰もが一度は食べた事はある国民食でありつつ、外食で食べる機会は少ない。
 
たまに「外食する時は家では作れない物を頼む」って人がいる。
それはそれで、一つの考え方なので”あり”だと思う。
反面、いつも家で作っている物をプロが作ったらすげー旨いだろうな、とも思うのだ。
 
岐阜県にも美味しいカレー屋さんはあるのだが、東京にいるからには東京のカレー屋さんにも足を運びたい。
ちなみに、岐阜県は飛騨地方のカレー屋さんで一番おいしいのは”チロル”だと思う。
飛騨牛カレーは数あれど、辛さ・コク・肉感など全てが最高のバランスだ。
市街地から離れているので車じゃないと行けないけど、岐阜県に来たら一度は足を運びたい。
◆【参照ページ】

飛騨牛カレーは 【欧風カレー工房チロル】

 

いきなり岐阜県のカレー屋をフューチャーしているが、この記事のメインはカレーの激戦区・神保町で長年営業を続けるボンディの記事である事を明記しておきたい。

広告